ストレート・ネック

昨日の新患さん。彼は首の痛み、及び頭痛。

病院でストレート・ネックと言われ、痛み止めと湿布を貰う。

でも良くならないので、近所の接骨院に通う。

電気をかけてもらうが良くならず。

それで、当院に来院。

ストレート・ネックの原因は、不良姿勢とそれによる

筋肉の拘縮(特に肩甲挙筋)で、頸椎の湾曲が消失。

だから痛み止めも湿布も電気も効かない。

この筋肉は深層筋で深いところにあるので

マッサージでは凝りが取れにくい。

そういう場合、鍼が一番良い。

鍼は直接患部に刺激出来るので効果が高い。

中に入れて治療出来るのは鍼のみ。

後は外科手術か内視鏡だけです。

だから鍼が唯一と言っていい。

鍼で筋肉を緩ませた後は、首の整体をしていきます。

筋肉が緩んだところで、カーブを作ってゆく。

そうすれば、ホラ!スッキリ!!

頭痛は首からの問題だから

「嘘みたいに楽になりました」となります。

但し、原因となる不良姿勢、運動不足、筋肉の固さ

それにストレスや過度な緊張による凝りを防がないと

しばらくすると凝ってまた歪んでくるでしょう。

だから、痛みさえ取れれば・・・では駄目なのです。

慢性的な方は、原因を除去しないとね。

そのお話を次回はしっかりやって

予防のためには何をしたらいいかを学んで貰います。

痛みを取るだけではなく、再発させないため

しっかり治すプログラムを組むというのは

そういうことなのです。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

«病気は生きざま