« 週末の楽しみ | トップページ | 鍼と灸 »

鍼治療のススメ

1_1170当院は鍼灸整骨院ですので鍼灸それに整体をおこなっています。

それと怪我に対しては整骨院(柔道整復)としての保険業務を行います。

鍼治療が中心です。

それはそれが一番即効性があり、効果があり、それが一番得意ジャンルだからです。

基本的に鍼に通電して治療を行います。

気の流れ(経絡)を考えてツボを取りますが、痛みを取るにはどの筋肉を弛め、どの神経に働きかけたらいいか、それを考えたとき通電することにより神経の興奮を抑え、且つこわばった筋肉を深部からほぐすことが出来るからです。

実は電気鍼を行っている鍼灸院は少ないのです。

今まで沢山の鍼灸院に患者として治療を受けにリサーチしましたが、多くは「浅く、数多く、鍼を刺して15分ほどそのまま置いておく(置鍼)」です。

ソフトな刺激で、且つポイントが絞られていなくて、効果の程がよく判らない、或いは効果が永続きしない鍼治療があまりにも多いのでした。

当院の鍼、特に「大幡式鍼治療」と称していますが、特殊な電気を流して局所を響かせることにより、痛みを取るのに大変効果があります。

初めての方は「鍼って痛いのかなぁ」と不安だと思いますが逆です。

痛く無く、痛みを取るんです。

患部の深層筋や神経にダイレクトに働きかけることが出来るのは鍼と外科手術のみです。

だから、即効性があるわけです。

初めて来院される方は、「不安を胸に」ではなく、「期待を胸に」いらして下さい。

それぐらい自信のある治療です。

こちらからホームページにジャンプできます。http://homepage3.nifty.com/moka-harikyu/

|

« 週末の楽しみ | トップページ | 鍼と灸 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

即効性ならば『針治療』か『外科手術』…ただし、『外科手術』を選べば『キズがくっ付くまでは安静を要求され』、なおかつ『仕事を休んでリハビリに専念しないとならない』、間違いなく『数十万円の費用』がかかり、身体にメスを入れると『長期的には不具合が患部の周囲の細胞に及ぶ可能性あり』でしょうね…私の場合、まさ院長の治療で脊柱官狭窄と椎間板ヘルニアが『同時に』治ってますよ。通った一年間で「制限された行動は『全く無し』」…腰の治療だけで見れば、外科手術で提示された『30万円』より、針治療の総額は『安い』…施術後の患部や周囲への『余病併発も皆無』…時間をかけて、じっくり治療するなら、かなり外科手術よりは有利でしょうね…参考まで

投稿: みや | 2016年6月23日 (木) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末の楽しみ | トップページ | 鍼と灸 »