« 日光杉並木を歩く。その2 | トップページ | 手首の痛み »

日光杉並木を歩く。その3

Cimg7625樹齢400年ぐらいになるのかなぁ。

立派な杉だなぁ。

Cimg7627日光わさび園だって。

水が綺麗で涼しいものね。

こう言うのを発見できることが旅の楽しみなのです。

歩き旅は匂いも感じるし、些細な事に気づいて感動して、大変だけれどドライブにはない面白さがある。

Cimg7628来た道を振り返ったところ。

石畳の杉並木も一般道路と合流してしまう・・・残念。

Cimg7630だって一般道路は歩道が無いに等しい。

すぐ横を車はビュンビュン走ってくるし。

Cimg7635
この何処を歩けと言うのかね。

Cimg7636明治天皇の休憩所。

今は使われていないなんて残念。

綺麗にして公開すればいいのにね。

Cimg7641おお、日光温泉まで、距離はどれくらい?

2㎞とか5㎞とか?車相手の看板だからね、怖いわ。

距離を書いて貰うと嬉しいんだけど。

Cimg7642もう杉並木も終わる。

木も巨木は無くなってきた。

Cimg7644ビックリ!階段だぜ。

日光街道杉並木のゴールは階段があるなんて。

Cimg7645JR日光駅だ。

レトロで美しい。

(そういえば先日来た新患さんが、当院に入るなり「こちらはレトルトな雰囲気ですね」と言われたが、多分レトロの間違いだろう)


Cimg7646ここが最後の杉並木か?

Cimg7647バス停発見。

東照宮行きだって。ってことはこちら側は?

やった。宇都宮行きだって。

Cimg7649これで帰ろう。

時刻表を見る。

2時間おきに出ている。

今12時。次は2時と4時。



Cimg7651後ろから歩いて来た若者に追い抜かれる。

リュックを背負って駅から歩いて来た外国人バックパッカー。

まだパワーがあるからズンズン行く。

Cimg7652なんて暑いんだろう。

30度以上あるよ。

汗だく。

Cimg7653日光水が有り難い。

Cimg7654レンタ・サイクルがあるよ。有り難い。

もう杉並木は終わったからね。あとは東照宮の前まで行くだけ。なら、乗っちゃっても良いんじゃない。上り坂きついし。

「すみませ~ん」って、声をかけたら、今日は貸せないんだと。すごく残念。

やっぱり最後まで歩きだ。


Cimg7655案内の看板を見ると「西行の戻り石」なるものが書いてある。寄り道だけれど、それは行ってみたい。

芭蕉は西行の歌枕を追う形で奥の細道を歩んだ。

その西行の痕跡がここにあるなんて。

Cimg7658案内表示がなければ、何も分からない大石。

これが戻り石。

見たし、はい戻りましょう。

Cimg7659あ、ここは以前"もやさま"で放送されたビートル・カフェ。

すごい怪しい雰囲気。

夜からの営業。

Cimg7660
カブトムシと聖飢魔Ⅱがすきなんだな。

おどろおどろしいのはデーモン閣下が好きそうなアイテムが店内を占めているから?

Cimg7661定員4名って。

怖い。入りたい。怪しい。怖いもの見たさでつい・・・

でも昼は営業していません。

お隣の鮨屋さんと繋がっていて、そちらは営業中。

Cimg7662
日光と言えば湯葉に羊羹。

Cimg7663
紫蘇巻き唐辛子。

Cimg7667お昼は絶対、まずビール。

そして美味しいモノ。

ここはオーガニック・レストラン。

入ってみたかったんだ。


Cimg7666魅力的なメニュー。

でも・・・アルコールがないぞ。

駄目じゃん。

Cimg7668ここはプチ懐石のお店。

ここも好きで何回か家族と来ているけれども・・・

女性向き、ヘルシー・・・と言う店だからなぁ。

Cimg7669
ビールなさそうだな。

諦めよう。

Cimg7670一番奥のここしかないでしょ。

日光金谷ホテルに登る手前の”みはし”。

ここのハンバーグは絶品。


Cimg7679そしてここならビールもワインも、日本酒も、ウイスキーもある。

ずーっと登りだ。

幟も立ってる。

もうのぼりはいいよ。

Cimg7672店に入るなり、ビール!

もう我慢出来ず写真の前に飲んじゃった。

Cimg7673「いや~、宇都宮から日光街道歩いてきたからねぇ~喉、乾いちゃって」とウエイターに言うと、「うぇ!?☆○△★・・・凄い。お疲れ様です!」と、ねぎらいの言葉を頂く。

Cimg7674思い切ってハンバーグ・ステーキ1・5人前。

僕はここのハンバーグ以外食べない。

ハンバーグにまったく興味ない51才親父を虜にする名店なのです。

Cimg7680食った食った。現在1時半。

ここに立っているのは板垣退助。

戊辰戦争の折、ここを戦場にして文化遺産を灰にしてはいかん!と、日光を戦火から守った男。

Cimg7697今は有料で神橋も渡れる。

渡った事無いからせっかくだし行っちゃおう。

Cimg7681なんか混んでる。

「静かにお通り下さいと」神職さんが言う。

Cimg7682あれ~ゆるきゃら日光仮面と、みうらじゅんさんだ。

TVの撮影中らしい。

マイブームやゆるきゃらと言う言葉を作ったのもみうらさんだし、仏像とか、カルフォルニアの青い馬鹿ロックとか、サブカルの大家。

大好きです。

Cimg7689そっと通り抜けて神橋へ。

一方通行の文字が気になるけれど・・・なんと、向こう側には降りられず、くるっと回って戻ってくるシステムなのだった。

Cimg7688大谷川の水が透き通って綺麗。

この上流から下流の追分まで無事石仏が流れていくわけ無いよなぁ、と思う。

でも伝説だからね。伝説はあり得ない事がおこるから伝説なのだ。

Cimg7698
最後の歩道がこれかよ。

Cimg7699
東照宮表参道。

心臓破りの坂道。

1時50分。

Cimg77022時のバスに乗りたいなぁ。

Cimg7701東照宮には行かず、出発寸前のバスに乗っちゃいました。

ここまで歩いて6時間、バスで帰りは35分でした。

Cimg7704さあ、温泉に行こう!

ここは忠臣さんが私財をなげうって1㎞も掘って出した、源泉掛け流し露天風呂温泉。

熱めで好きなんだ。疲れが取れるぜ。

達成感の一日です。

|

« 日光杉並木を歩く。その2 | トップページ | 手首の痛み »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

あらぁ、いよいよ私めとパリマラソンにご出場かしらね\(^O^)/ 東京マラソンでもいいですよ。ただし抽選で激戦らしいけど。いかがでしょうか(^^♪

投稿: めぐ | 2016年10月 7日 (金) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日光杉並木を歩く。その2 | トップページ | 手首の痛み »