« ネットのお陰で | トップページ | 家族でお出かけ »

原因の逆をすれば良い

1_240何故、悪くなったのか?

原因を考えましょう。

基本的には悪くなった逆のことをすれば、良くなります。

○ずっと屈んでいたから腰が痛い→腰を伸ばせばいい。

○編み物をして縮こまって首肩が凝った→首を上に、腕も上に上げて回しましょう。

○ずっと走っていたら足が痛い→休んで下さい。

○引き寄せる作業をずっとしていたから腕が痛い→力こぶの筋肉(上腕二頭筋)を縮めてきたから、今度はその逆に伸ばして下さい(ストレッチ)

○飲み過ぎて二日酔い→飲むのを止めましょう。迎え酒は厳禁です。

○食っちゃ寝していたら肥った→食べずに運動して下さい。そしたら必ず痩せます。

でも、逆のことはしたくないんですよね。

だって、もっと仕事したいし、休めないし、飲み食いしたいし、運動はおっくう・・・

だから治療だけではなく、養生のお話をしています。

それから原因が「思い当たらない」って言う人が多いんですけれど、

全ては原因あっての結果です。

そういう方は様々な要因が積もり積もって、身体という器から溢れ出てきてしまった形だと思います。

些細なことでも、ちりも積もれば山となる。

多分、姿勢が悪い・休まない・筋肉が硬い・循環が悪い・動かない・イライラしている・緊張・暴飲暴食・寝不足(寝不足は身体の回復を妨げます)など、いろいろ溜まって、身体がもう限界になった状態。

でも、こういうことだから原因が思いつかないし、原因の除去は難しいでしょうね。

だから慢性化してゆく。

そういう方は定期的にメンテナンスが必要なのです。

車検と一緒。

古くなった車は必須。歳を重ねた身体もそうですよ。

治療だけでなく、自分で生活を改善する。

養生をしつつ、車検に出すようにメンテナンス治療を受ける。

そうすれば、健康を維持出来ます。

これ、絶対です!

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

|

« ネットのお陰で | トップページ | 家族でお出かけ »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネットのお陰で | トップページ | 家族でお出かけ »