« 取材 | トップページ | 腕の痛み »

禅の心

あれこれ、考えるな。悩むな。

こうしたら良かったんじゃないかとか、こうやったらどうだろうとか、

過去や未来に煩わされるな。

今を生きろ。

今、目の前のことを丁寧にやれ。

掃除も、皿洗いも、片付けも、元ある場所に戻し、元の状態に磨く。

全ての仕事は丁寧に、目の前のことをただひたすらに。

これが禅の心だと教わりました。

狂った身体を鍼灸整体で元の状態に戻し、身体を磨く。

これが治療なんですよね。

まあ、何故悪くなったのか、どうして欲しいと望んでいるのか

それが判らないと元に戻すことも、先に進むことも出来ないので

患者さん本人に訊くわけですが、

「どうしてこうなったのか判らない」「原因はなんですか?」と

逆に訊いてくるし

「痛みさえ取れれば」「とりあえず楽になりたい」と

目先のことしか考えていない患者さんも多く、

やはり、最終的にどうなりたいのか、

例えば「今度はケガで苦しむことのないスポーツがしたい」

「腰痛にならないで今までと同じ量の仕事が出来る生活」

そうするためには何が間違っていたのか、何をするべきなのか、

よく考えて貰い、勿論よく説明をして

自然体であること(病気の殆どは自然体でないから起こると考えます)

が、健康なんだと気づいて貰いたいと思っています。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

|

« 取材 | トップページ | 腕の痛み »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 取材 | トップページ | 腕の痛み »