« 刺激量 | トップページ | 箱根越え その1 »

ありがとう

ふつう、商売をしてお金が動けばお金を頂く方が「ありがとうございます」という。

お米を買っても、車の修理をして貰って代金を払っても。

でも、うちらの商売は逆で、お金を払ってくれた人が「ありがとうございました」と言ってくれる。

こういう商売は滅多にない。

考えてみれば「先生」と呼ばれる特殊な業種だけだ。

怖いのは、先生と呼ばれて「天狗」になること。

「先生」と呼ばれるのに値する「技術」があり「人間性」があって、尊敬の対象になっているか顧みる必要が常にある。

本当は

「数ある治療院の中から当院を選んできてくれてありがとうございます」

「プログラムに従って、ちゃんと来院して下さってありがとうございます」

「思うように仕事が出来るように協力して下さってありがとうございます」

「『楽になった!』と、目の前で喜んでくれて僕も嬉しくなります。ありがとうございます」

「『何処に行っても良くならなくて治らないと思って諦めていたのが、ここにきて治ったのよ』とクチコミして下さってありがとうございます」

なんです。

いつも心の中で言っています。

|

« 刺激量 | トップページ | 箱根越え その1 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

ホントですね!どのお医者さんもどの病院もまさ院長の様だと嬉しいです。

投稿: f | 2017年7月 4日 (火) 13時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 刺激量 | トップページ | 箱根越え その1 »