« その気にさせる | トップページ | 食のこだわり »

夏バテ

梅雨が明けてからというもの、涼しくて「プールに行きたい!」なんて言う気分にもならない日々が続きましたが、昨日あたりから本格的に暑くなってきました。

暑いのは疲れます。

もう何もしたくない。

食も細くなる。

虫や細菌は夏に生命を謳歌しますので、繁殖します。

つまり、皮膚病や食中毒が多くなる季節です。

今、日本は衛生的な環境とエアコンがありますからなんとかなりますが、昔は死ぬ人が多かった。

高齢者と乳幼児の死亡が多いのが夏。

弱った年寄りは夏を越せない。

そんな厳しい夏を乗り越えるために必要なことは

①適度に動き、適度に汗をかく。

昼間は無理すると倒れますからね、早朝の一仕事が良いですね。

②日中は涼んで仕事。あるいは休む。昼寝も可。

エアコンを使ってください。

③汗をかくならミネラル(塩分)と、水を補給(熱中症予防と、身体の疲れを取る)。

汗をかかないなら水を取り過ぎない(むくみ・冷えの原因になります)。

④無理して食べない。

暑い夏は食が細くなるのが普通。胃腸を休ませる。無駄なエネルギーを使わない。

⑤寝苦しい熱帯夜には、エアコンもOK。それよりエコで効果的なのは、水風呂&扇風機。

水風呂あるいは水シャワーで冷やして、それから風を送ればものすごく涼しい。

夏は寝不足になりますから、なんとか質の良い睡眠を取りましょう。

夏バテを防ぐには、汗をかき、小食で、よく眠る。

ご自愛ください。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

|

« その気にさせる | トップページ | 食のこだわり »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« その気にさせる | トップページ | 食のこだわり »