« 花粉症鍼治療 | トップページ | 整体で歪み矯正 »

鍼で素早く痛みを取る

「この痛みを取りたい」「不快症状から逃れたい」そう思って皆さん様々な対処をします。
色々な治療法があります。薬局で塗り薬を買う。湿布を貼る。接骨院で電気をかけてもらう。マッサージ・サロンで揉んでもらう。整体でほぐして貰う・・・でも良くならない。何故でしょう。

痛んでいる場所がヒフや表面の筋肉ではないからです。
上記の治療法は全て皮膚の上からの刺激です。本当に問題で施術しなければならないのは深部の筋肉であり、深部の神経であり、深部の骨格の歪みであるからです。
鍼は唯一、深部からダイレクトに刺激出来る方法です。

中からほぐせるために即効性があります。その他に直接深部の神経や筋肉を触る方法は外科手術のみです。(膝の場合は内視鏡も含む)まさか、そう簡単にメスで切って開いて・・・というわけにはいきませんから、鍼が唯一の方法といえます。

鍼は開腹手術の際麻酔を使わずとも鍼による鍼麻酔という方法があるように、痛みを取るには大変効果が高く、且つ薬剤も使いませんから副作用の心配もありません。
直接刺激が出来る上、身体への負担がかかりませんから回復も早いのが特徴です。

当院では先代の父(鍼灸歴50年)と、当院長(鍼灸歴25年)の二人で開発した、特殊な電気鍼を用います。これは陰陽ふたつのツボを使って痛みを消してしまうテクニックです。
強い刺激ですがけして痛いわけではなく、むしろ痛いところがほぐされ、心地良く感じることと思います。これは当院でしか体験出来ない独自の技法です。
名前がないのでとりあえず【大幡式鍼治療】と呼んでいます。

鍼は「痛くないのか?」「安全なのか?」と訊かれますが、当院の鍼はおひとりおひとり使い捨てを使用しています。最年少は3歳、そして5歳の幼稚園児が当院の鍼治療を受けています。幼稚園生が泣かずに受けられるくらいですから、ご安心下さい。

鍼灸は痛みを取ることは勿論ですが、その他にも
○炎症を抑える(関節炎、腱鞘炎、胃炎、膀胱炎など)、
○気血の流れを良くして自律神経を整える(動悸や目まい、冷えや震え、火照りや逆流性食道炎、胃潰瘍など自律神経失調症、ウツ、精神不安など)
○交通事故治療(ムチウチなど)
○逆子を治したり、不妊症、冷え症などの婦人科疾患
○花粉症などにも対応しています。

|

« 花粉症鍼治療 | トップページ | 整体で歪み矯正 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花粉症鍼治療 | トップページ | 整体で歪み矯正 »