« 柿茶 | トップページ | 楽(らく)と薬(くすり) »

命を輝かそう

昨日の朝6時代に犬と散歩中、川に落ちて亡くなった方を発見して、警察と大変だった。この方は一人暮らしの老人で、誤って事故で命を落としてしまうことを目のあたりにして心が痛む。命は脆く儚い。

午後、東京黒門町の銭湯で一人の男性が湯船に脚を入れてそこで熱さに驚いて、入るか辞めるか躊躇している。銭湯は彼と僕と二人きりだったので、「ここのお湯は熱くて有名だからね。でも我慢して入ると、後がスッキリしますよ~」なんて話しかけた。彼の返事のアクセントが変。もしかしてお国はどちら?台湾からと言う。少し片言で話す。知らない人と、こうしてコミュニケーションをとるのって嬉しい。

地下鉄に降りる階段を杖をついた方が、荷物を抱えて難儀している。見かねて、声を掛ける。「お持ちしましょうか」下まで一緒におりながらいろんな話をする。こんな事で感謝されるなんて、こっちの胸が温かくなる。

ライブハウスでアンコールで客電が点いて、ミュージシャンがオーディエンスに言う。「皆、良い顔してるよ!」本当に皆幸せそうな顔をしている。リズムをとる者、踊る者、腕を振り上げる者、拍手する者・・・皆、笑顔でこっちまで幸せな気分になる。実に良い時間だなぁ。

人と触れ合うって、生きているって、皆が笑顔って、幸せで素晴らしいことなんだと実感した一日だった。

僕の仕事は気枯れした人の気を高めて、気血の循環を良くすることだ。元気を与える仕事だ。彼のミュージシャンと同じく命を輝かす仕事なんだ。

誰かのお役に立てたとき、お互いの命が輝く。

命を輝かせよう。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

|

« 柿茶 | トップページ | 楽(らく)と薬(くすり) »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 柿茶 | トップページ | 楽(らく)と薬(くすり) »