死の恐れから

生きている限り、最後には必ず死がありそれは避けることが出来ない。死という恐怖、それは無になることだ。全てを失う。その恐怖から逃れるために、あの世を創造したり、復活や再生を想い、宗教が生まれたと思う。

死の恐怖から回避するための宗教、「どう死を迎えたらいいのか」「どう死を受け入れたらいいのか」、そのことを突き詰めるのが宗教であり、それが転じてどう生きるかを諭すのも宗教である。つまり「より良い生き方」「地域民族のより良い暮らし方」を教える道徳としての宗教が成り立つ。

日本人は戦後、無宗教になった。それから道徳も失った。

本質的に日本人はミックスされた宗教観を持つ。仏教・神道・儒教が混じり合い、そこに道教や禅のエッセンスも含み、且つキリスト教も入っている。産まれたら神社に挨拶、七五三の節目も神社、結婚式はキリスト教で、葬式は仏教、道徳的には儒教・・・それを当たり前と思っているので、一つの宗教に囚われていないから、信者であるという認識もなく、だから無宗教だと思っている。

医療は祈りから科学に移り、身体の仕組みは化学的に生体反応をエビデンスとして示すことが出来るようになった。命に対する道徳も宗教観のない日本では化学的に捕らえられようとしている。ところが最近は科学万能では解決しない「見えないものの力」が注目されるようになっている。

命の根源を辿ればそれは偶然ではなく、何か大いなる力が働いていることに気づく。道教ではそれを「道」という。つくづく思うのは古代中国人は、自然現象をよくよく観察してその仕組みを理解していたということ。気という発想も科学では「そんなものあるかいな」となるが、見えないものに力があると考える、けしてこれは神秘主義でもオカルトでもなくて、古代からの思想・宗教・道徳には、本質的なものがあるのだ。

だから、何故「鍼は効くのか?」「ツボって何?」「経絡は本当に繋がっているのか?」「そもそも気とは?」等の疑問を化学的に証明することは難しいが、あるものはある。判る人には判る。言葉ではなくて体感することで知ることが出来る。と言う表現になってしまう。

・・・と話は難しくなってしまったが、こんなことを朝から考えている僕はどうなんだろう。でも、芸能界とかTVの中のドラマもバラエティもそもそも新聞も週刊誌もネットの話題など世間を騒がせるものにまったく興味が無くて、命とか自然の変化とか、宗教哲学とか、古代史とか民俗学とか、そういうことに夢中になる自分だからこそ、鍼灸師に向いているのだなと思う。

鍼灸師は医師と違い、死に関わることはない。だから、諦観や宗教心も持たないで良い。その分偏りやすい。一般的に鍼灸師は変わり者が多い。それはそういうことなんだろう。でも人としてまともでなきゃ困る。それは道徳心、特に儒教で言う仁の心。それを持って温かく迎入れられる人でいつもいたいと思う。

こんな鍼灸師で良かったらお付き合い下さい。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

勉強会

昨日は東京で勉強会でした。

雪でしたので、帰れるのか、大丈夫なのか心配で(栃木に向かう電車は直ぐに止まっちゃうからね)休憩時間は外の雪の降り具合を見に行っていましたが、たいしたこともなく帰ってこられました。

最近は東洋医学と言うよりも、もっと根本の東洋思想に入っています。

昨日は書経の勉強もしました。(学生の頃の漢文の授業を思い出します)

やはり、消毒して病原菌を殺菌すれば良い、薬で不快症状を抑えれば良い、悪い病巣(ここも自分の身体ですよ!!)を手術で切り取ってしまえばいいという西洋医学の方法論だけで健康を取り戻せるかというとそうではないと思います。

全身を診る、人間を診る、環境と生き方・生活スタイル・その人の性格やタイプまで診る・・・東洋医学はマクロなんです。それに対して西洋医学はミクロ。顕微鏡で病原菌を探し、DNAにまで原因を求める。

病気になったのは病原菌よりも、生活スタイルや環境、心持ちなどを改善することが大切だと東洋医学は考えます。となると人間の性(さが)まで探っていかねばなりません。そうなると人間を知るには中国古典なんです。

勉強仲間がいるというのも楽しいことでね、この歳で東洋思想を学ぶ人なんて身近にいないから語り合える人もいないけれども、東京まで行くと集まってくるんですよ。そういうのに興味ある人達が。しかも仕事は鍼灸師ではなく、サラリーマンだったり、経営者だったり、主婦だったり。そういう人と交わるのも嬉しいものです。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

勉強会

今日はスタッフ達と勉強会。

1時間、時間を取って行いました。

そういう時間も大切です。

技を磨く。知識を広げる。

そして、社会貢献出来る経営を知る。人格を育てる。

労働だけの勤務時間ではなく

人間形成のための時間は大切だと思います。

当院は時々そんなこともしています。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

益子昌平塾

昨夜は益子昌平塾の講義でした。

セコムの会長である木村昌平さんが始めた私塾ですが、「より良い未来の想像」「地域への貢献」「東洋的思想」「自己実現」などを学ぶ教室です。僕はこの塾の第一期生として学びました。現在5期生が学んでいますが、塾長である昌平さんが亡くなり、彼の意志を継いで5期生を3月の卒業までちゃんと教育しようと言うことで卒業生が交代で講師を務めることになりました。

昨夜は僕の番で、「夢を叶える人生プランの設計法」のお話しをしました。

近所の高校生(生徒会長)も連れて行きました。いろんな大人が居て、年齢も職業も違う、共通点がほとんど無い人達が実に楽しそうに和気藹々と勉強している。こういうのを見るってとっても良いことだと思ったからです。思えば、益子の手筒花火の会である下野手筒会も、祭りの集まりも、地域の活性化ボランティアも、みんなそうですね。

大人が楽しそうに未来を語り合っているのを見せたい。大人って素敵だなと思って貰いたい。間違っても会社の帰りに居酒屋で大人達が会社の愚痴を言っているのなんて見せたくない。

僕には憧れの大人達が居ました。「早くああなりたい」そう思って追いかけてきました。僕たちもそういう存在になりたいし、成るべきだと思うのです。メンバーは僕が見ても皆さん素敵な魅力的な大人達です。もっとお話を訊きたい。語り合いたい。何らなこれから呑みに行きませんか。そんな方々ばかりで楽しい集いです。

そして僕はここがキッカケで、田口佳史先生と知り合い東洋思想を学びに東京に通って5年目になります。だから、大きく人生が変わった、目が開かれたと言っても過言ではありません。

出逢いに感謝です。

| | コメント (0)

本質論

ものの本質を考える。

これは大切なことで、「何故、痛むのか」「何故、腫れているのか」「何故、眠れないのか」・・・

或いは「何故、鍼が効くのか」「何故、灸が効くのか」「温めた方が良いのか、冷やした方が良いのか」・・・

だいたい「痛みとは何か」「治るというのは何か」「病気はどういう事か」・・・

そもそも論で「何故、治療が必要か」「生きているとは」「働くとは」そういうことも一度、真剣にとことん考える必要がある。

そうするとぶれない自分の信念が出来る。

その場しのぎの治療や、その場しのぎの生き方ではなく、本当に大切なこと、王道が見えてくる。

自分を見直す時間が必要だ。よく考える。時には逆説的に考える。

そして経験を積む。冒険も、挑戦も必要だ。

ある治療経営セミナーで、「50代でセミナーに参加、しかも地方から定期的に参加なんて言う方は1%ですよ。開業したばかりは勉強に来ますけど30代がメインで、40歳過ぎると、毎日ルーティンな繰り返しで進化しない治療家が殆ど」と言われた。

ある経営者は「悩んだら、より面白そう、より世界が拡がりそうな困難を選びます。現状維持が一番会社をダメにする。進化か倒産しかない」

凄いこと言うなぁ。

そこに本質を見出しているのか?

僕は最近になってようやく判ってきた気がする。

「何をしたいのか」「何をすべきか」

それこそ本当に必要なのは「どのツボを使うべきか」が見えてきた。

そんな気がする。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

お金と時間と命について

これは南米の賢者から聞いたメッセージ。

「東洋の叡智にあるように、足るを知る=今あるモノで満足することだ。」

「お金のかかる生活を維持するために働くより、自由を楽しむ時間を作る」

「働いて使い捨てる文明では、長持ちするモノは作られない。環境を破壊して裕になる矛盾に気付かないと」

「人は何のために生まれてきたのか?それを考えるのが哲学」

「時間とはお金であり、時間とは命である。お金で時間は買えるが、命は買えない。」

「命は奇跡だから」

「若い人には恋する時間が。家族が出来たら一緒に過ごす時間が必要なのだ。時間は命だから。」

「世界の貧富の差が激しいのは恥じらいを持たないからだ。貧困を救うお金がないわけじゃない。貧困から抜け出せる希望を与えよ。お金を稼ぐ技術と道具を与えよ。だけど、お金持ちは金持ちのままでいたい」

「貧乏とは、無限に多くを必要とし、もっと欲しがる心。」

「モノが無くとも、お金が無くとも、自由に時間を使って豊かに生きる」

「幸せは命あるモノしか作れない。恋人、子ども、家族、仲間、友人、ペット・・・物は幸せにしてくれない」

「お金で物を買っているのではなく、そのお金を得るために費やした時間で買っているのだ」

「過ぎた時間が、君の人生だ。だからこれからの時間を大切にすることが、人生を豊かに築くことになる」

「楽園はこの世にあるべきで、その鍵は自分の心にある」

「常に20年先を考えて行動する」

「暇なときは大いに考えよ。マスコミに流されるな。情報操作されるな。現代のメディアを見るよりも、古典を読め。歴史に学べ。考えることが哲学であり、それがないと本物を見つけられない。」

「考える。話し合う。その時間を共にする。それが生きている時間」

「人は社会的な生き物であり、本当に貧しい人とは、社会に繋がっていない人」

「寛容さは命を守る。多様性を尊重することが世界を裕にし、命を尊重することに繋がる。花も草木も動物もいろいろいるから美しく、循環して、命を輝かす」

「相手の考えに耳を傾ける。関わり合うとはここの思いを抱き合うこと。」

「政治的思想=イデオロギー。正義はイデオロギーとなるが、正義の戦争なんて無い。正しい暴力はない。必ず弱者が支配される。多数決が正しいわけでもなく、時代によって、民族によって、人民によって、利害関係のために変化する。」

「放棄した者が敗者だ」

「許すことが愛。」

「人生は受け取るままではなく、持っているモノを与えるもの。その思いが丘や海を越えて誰かの心の中に記憶となって残ること。その口から誰かに伝えられること。それが『生きた』ということではないだろうか」

この中に現代社会に生きる僕らにとって大切な

「お金」「時間」「命」の関係が書かれている。

そして「正義」と「戦争」と「革命」についても書かれている。

何度も読み返して、考える時間を持つことが、人生を豊かにする。

| | コメント (0)

勉強会

新潟で開業しているN先生が、勉強に来院されました。

昨日の午後、診療が終わってから6時間に及ぶ勉強会をして

本日は実際に患者さんになって治療を受けて頂きました。

彼自身も他所を見ることで勉強になったでしょうし

僕も客観的に見てくれることがとても勉強になります。

学ぶは楽しいです。

それが仕事に生かせて、より多くの笑顔が生まれると思うと

ワクワクします。

特に今回強く思ったのは

「人に1時間教えると言うことは

自分が2時間勉強しなければ、教えることができない。

3時間勉強しなければ、どんな質問にも答えることができない」

自分の知識が浅はかだと、直ぐ底が見えてしまう。

数多く反復する事が、深みを作るのだと言うこと。

それもやはり多くの患者さんが来て下さるからのこと。

①臨床数。

②文献などの学術数(本を読んだりDVDを見たり)。

③セミナーなどに出て、他の先生の考えを知る。

④実際に患者になってリサーチに行く。

この4本柱です。

新潟からわざわざ来て良かったと思って貰えたら嬉しいです。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

セミナへ

今日は午前中診療して、午後は東京で

自賠責保険(交通事故)についてのセミナーです。

電車の中でたっぷり本が読める時間が嬉しい。

昨日、鍼灸師の患者さんが来院されて

脈診や経絡の話、気血やお灸術について

お互いに意見や自分のやり方を話しながら

施術しました。

やはり、学術的な意見交換はとても為になります。

今日の学びも引き出しを増やす喜びとなれますよう。

行ってきます。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

病気にならない生き方

明日、東京のサロンで「病気にならない生き方」を話してくれと依頼されました。

当然、東洋思想的な考えで伝えることに僕が言う意味があります。

まあ、いつも患者さんにお話ししていることなんですけれどもね。

レジュメ三枚にまとめました。

要約すると下記の通り。

・・・筑波大名誉教授の村上和雄氏によると遺伝子を変える程のチカラがあるのは「高い志」「感謝の心」「プラス思考」のみっつ。命が輝くのですね。

皆さん養生法はいろいろ知っています。でも、実行出来ているかというと難しい。この問題は、「やらなきゃいけない→でも出来ない→駄目だなぁオレ。」つまり強迫観念と自己否定に繋がる。

そうではなくて、人生を楽しむ。好きなことをする。誰かに喜んで貰うことが喜びだと知る。
利他の精神ですね。笑顔と笑顔での人間関係を作る。こういう状態だと、まず病気にならない。

上記の村上三原則ですね。これが出来るのは、お仕事なんです(勿論主婦の子育てや家族のためにと言うのもお仕事です)。

仕事は誰かのお役に立つこと。お役に立つからお代が貰え、感謝の関係になり、笑顔に溢れる。仕事が誰かを喜ばせ、それが自分を喜ばす。だから仕事に夢中になることです。

その為には学ぶことが大切です。学ぶは楽しい。より他人を笑顔にすることが出来る。新しい知識が拡がることは、友が増えるのと同じ事。好きなことを学ぶのはまるで遊びのように楽しい。

学ぶは遊びであれば、遊びは学びでもある。学習と言う意味は学ぶ(新しい知識を得て真似る)習う(繰り返して身につける)。学びは仕事に繋がり、仕事は人生最大の遊びでもある。

「よく学び、よく遊び、よく働く」この三位一体の境地が人を元気にする。
村上三原則を持って、この三位一体の人は病気になんてならない。・・・

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

勉強会

先日、東京での勉強会。

東洋思想の中で横井小楠のことを学びました。それを僕の中でまとめ、スタッフに伝えました。それを皆様にも伝えます。

『幕末の志士、横井小楠は「日本は西洋列強と戦ってはいけない。西洋文化を知る。西洋思想を学ぶ。見聞を広げ、恐れを解消せよ。」恐れるのは知らないからである。
「しかし、西洋に飲み込まれることなく東洋思想をもって、覇権主義ではなく王道主義として世界のリーダーとなれ。」チカラではなく、徳で民を導きなさい。
「日本は世界のお世話係となるのだ」と説いた。
これは現在の日本の進むべき道、生き残れる方法を示している。

私たちの仕事も同じ。西洋医療も学べ。(勿論東洋医学をもっと深く学ぶ事は必須)
「痛みさえ取れれば」という患者の望みに応えるだけでなく、「やって貰ったときは良かったんだけど、1週間したら戻っちゃったよ」という患者を、その患者の本当の幸せを考えてお節介でも「貴方の生き方が間違っているのですよ。だからこうすることが本当に健康になれるのです。」とサプリやお薬を飲み続けることでは無く、自然に健康的に生きるコツ、ケアの仕方、正しい身体の使い方、心の持ち方・生き方を伝えなさい。お世話係です。

その為には白衣を着た者こそが徳のある人間でなければいけない。

徳とは「自己の最善を他者に尽くしきること」「相手に喜んで貰えるように尽くすこと」

仁・・・困った人を助ける。喜んで貰う工夫と行動が出来る。

義・・・人として恥ずかしくないようルールを守る。約束を果たす。

礼・・・相手を敬い、どうしたらよいか考え行動できること。美しい所作。

智・・・知識を得、それを考えて工夫して、自分のものにして表現出来ること。

この四つを積んでゆくことが人間を成長させ、自信に繋がり、徳ある人となのです。』

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧