楽(らく)と薬(くすり)

3千年前の昔、中国では湯液(生薬・漢方薬)は王様だけに処方される貴重な薬だったそうな・・・。というよりも王様ほど薬を必要とする人はいなかったと言えます。

毎日、贅を尽くした食事・美食・過食に、移動は馬車などの「マイカー」での運動不足。

そのため、痛風や糖尿、胃炎など現代人の生活習慣病を3千年前に苦しんでいた人がいたわけです。

一般庶民は自然食を適量食べ(飢饉や不作で時には食べられない日の方が多かったのでしょう)断食もし、毎日汗水流して身体を動かして働いていたから、健康で漢方薬のお世話になる必要がなかった。

庶民は急性の怪我や感染症は多くあったでしょう。でも、慢性疾患はあまりいなかったと思います。いわゆる現代の生活習慣病なんて王侯貴族以外皆無じゃないでしょうか。

今は私たち全員が王侯貴族。

それなのに栄養不足で病気になる人がいるという。

楽に流されて何も考えない。つまりちゃんと学ばない人が多いのではないでしょうか。

TVでやっているから。CMで大流行だよ。

基本的に売らんが為のモノは身体に害も多いと言うことを学びましょう。

便利・楽は王侯貴族のモノ。楽ではないかも知れないが、薬もいらない生活に戻ることも意識しましょう。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

命を輝かそう

昨日の朝6時代に犬と散歩中、川に落ちて亡くなった方を発見して、警察と大変だった。この方は一人暮らしの老人で、誤って事故で命を落としてしまうことを目のあたりにして心が痛む。命は脆く儚い。

午後、東京黒門町の銭湯で一人の男性が湯船に脚を入れてそこで熱さに驚いて、入るか辞めるか躊躇している。銭湯は彼と僕と二人きりだったので、「ここのお湯は熱くて有名だからね。でも我慢して入ると、後がスッキリしますよ~」なんて話しかけた。彼の返事のアクセントが変。もしかしてお国はどちら?台湾からと言う。少し片言で話す。知らない人と、こうしてコミュニケーションをとるのって嬉しい。

地下鉄に降りる階段を杖をついた方が、荷物を抱えて難儀している。見かねて、声を掛ける。「お持ちしましょうか」下まで一緒におりながらいろんな話をする。こんな事で感謝されるなんて、こっちの胸が温かくなる。

ライブハウスでアンコールで客電が点いて、ミュージシャンがオーディエンスに言う。「皆、良い顔してるよ!」本当に皆幸せそうな顔をしている。リズムをとる者、踊る者、腕を振り上げる者、拍手する者・・・皆、笑顔でこっちまで幸せな気分になる。実に良い時間だなぁ。

人と触れ合うって、生きているって、皆が笑顔って、幸せで素晴らしいことなんだと実感した一日だった。

僕の仕事は気枯れした人の気を高めて、気血の循環を良くすることだ。元気を与える仕事だ。彼のミュージシャンと同じく命を輝かす仕事なんだ。

誰かのお役に立てたとき、お互いの命が輝く。

命を輝かせよう。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

柿茶

当院では施術後に柿茶をお出ししています。

夏でもホット。一口サイズ。治療の後は白湯とか温かいモノを入れると老廃物の排出が良いと言います。当院では柿茶。20年前、開業した頃は「枇杷葉湯」でした。江戸時代には暑気払いの妙薬として売り歩いたそうです。

そのうち西式医学・健康法を実践するようになって、柿茶に変えたのです。柿の葉のお茶ですね。ビタミンCが豊富に含まれます。柿茶は熱によってビタミンCが破壊されにくいのが特徴で、断食中もこれだけはチビチビ飲みなさいと指導されます。

ビタミンCの効能はたくさんあります。皮膚の内側の細胞組織を健全にする。毛細血管を生理的に健全にする。細菌の感染に対して抵抗力を強める。酸素の新陳代謝に役立つ。血球を再生するに役立つ。血圧を生理的に調節。ホルモンの分泌を促進。コラーゲンの生成に必要。グローミュの確保に役立つ・・・

ビタミンCをサプリで常用的に摂ることは薦められません。それは楽すぎて不自然な行為だからです。

自然なかたちで、自然に摂るのが一番。大変飲みやすく美味しいお茶です。

柿茶はドラックストアとかにも売っていないので、喜ばれます。

柿茶をお出しする器は益子焼きです。見目陶苑【土空間】の作品です。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

頭痛治療

頭痛でお困りの方がいらっしゃいました。

頸・頭にあるツボに鍼をして、首の整体を行うと痛みが取れてスッキリ!

頭痛の大半は頸周りの筋肉が緊張で凝り、中を通る神経・血管を圧迫して、つまり頭にガソリンが行かない状態。そして筋肉は骨と骨を繋いでいますから、筋肉が凝れば頸椎椎間関節を歪めます。詰まった状態で歪んでいるから動きも悪いし、頸椎椎間関節から出ている神経を圧迫するので、よりガソリンが来ない状態に。

ですから、ツボに鍼をするとまず痛みがおさまる。血行が良くなる。首の整体をしてつまりをほぐし歪みを矯正するとスッキリ!と言うわけです。

1回の治療でスッキリします。

慢性の方は肩も凝っていたり、頸椎がストレート・ネックになっていたり、普段の姿勢が悪かったりと言う事が原因なので、プログラムを組んでしっかり完治させる為に数回通っていただきますが、たまたま痛くなったと言うのなら、1回の治療で大丈夫、治ります。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

肥った王様が理想?

「西洋はプラスの医学、東洋はマイナスの医学」かと思っています。実際はそう割り切れるモノではないですけれど、何となくイメージで。

身体の調子が悪い。一般的に「何か栄養のあるモノ食べて」という。栄養のあるモノって?貴方ならお子さんに何を出しますか?牛乳?卵?鰻?スタミナ定食みたいにニンニクと肉とニラとか?

かえって胃腸に負担の掛ける食べ物ばかり出してませんか?例えば胃腸炎など内臓疾患で入院した場合、病院では絶食です。食べさせません。内臓を休ませるわけです。

だから栄養ドリンクを飲んで残業するなんて最悪。

早く帰って食べずに寝てしまうことが一番。東洋医学では、病気直しの特効薬は断食。

高齢化社会だから、「これを飲めばいい!」なんて、TVCMなんかはサプリの花盛りでしょ。あっちもこっちも具合が悪い人はそれだけで沢山のサプリを常用しているでしょう。それだけで一杯で御飯なんか食べられないよね。

そうやって肥った王様のようにどんどん取り込んで長生きを目指すのか?東洋は長寿で健康、知恵があり神格化された理想と言えば、痩せて白い髭の生えた仙人だよね。

鍼治療で瀉血というのがあります。刺絡もそうです。ワザと出血させて少し血を抜く。これもマイナスの治療。西洋は血となり肉となる栄養があるモノを摂れって言うでしょうけれど。

お腹を壊したら西洋は下痢止め。東洋は下剤。もっと下させてお腹の中を空っぽにして早く楽にする。視点が違うんですね。

どちらが良いかは一概には言えませんが、当たり前に東洋人には東洋的治療が一番合うと信じています。

鍼灸は何も足しません。投薬でも注射でもなく只、鉄の棒を身体に入れて抜くだけ。気血の流れが良くすることで身体を正常化する。それだけで健康を取り戻す治療です。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

治せるもの治せないもの

時々、難しい相談をされる方がいます。

筋繊維痛症、ベーチェット病、クローン病、癌やパーキンソンなど難病の相談なんです。難病で何処の病院でも駄目なので藁にもすがる思いなのでしょうが・・・

「ネットで見たんですが、鍼灸が効くと書いてあったのでやってもらえませんか」

???当院のホームページにはそんなことは書いていない。

「○○県の××鍼灸院のホームページを見たんです」

でしたらそこに連絡してご相談下さい。

「いや、遠くて行けないので、試しに・・・」

治ると書いているのならそこに電話して相談すべきです。当院ではそれに対する治療はしていませんし、経験もなければ、やり方も解らない。だから出来ません。本気で治りたいなら確実な方法をとるべきです。

と、お話をしてお断りしています。

申し訳ないですけれど、チカラになれないこともあります。

逆にホームページには自信のある治療法のことが書いてあります。出来ないことは書いていません。今は皆さんホームページを見て予習してきて下さいます。そういう方は説明も少なく済みますし、事前に理解して下さっているので、治療も早く効果が出て治りも早いのです。

どうぞ当院のホームページをご覧になって、ここだ!と思ったらお電話下さい。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

こちらから自律神経失調症治療ホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/mysite4/index.html

| | コメント (0)

ちょっと休憩

心のシフト・チェンジ法。

好きなことをする。出掛ける。森を歩く。身体を動かす。美術館に行って芸術鑑賞。髪を切る。色々あると思います。

お風呂にはいる。身体も心もリセットされる。義弟が子供の頃、クサクサして帰ってくるとまずお風呂には入れ!って義母に言われたらしい。そうすると機嫌が直ったんだと。

泣く。映画なんかイイネ。

笑う。寄席なんかイイヨ~。

非日常に身を置くことだね。鍼灸に来るのも非日常だろうね。メノ・セラピーじゃなくとも。

ワクワクする。恋するなんて最高。恋したら全身の細胞ひとつひとつが生き生き輝き出す。

恋とは言わなくとも憧れの人達に会いに行く。心のクリーニングがされちゃうね。

僕なんかロックンロール・スターに会いに行く。あのドキドキ感はティーンエイジャーの頃から変わらない。ギターがジャランと奏でられただけで、身体が動き出すよ。

リセットするには離婚・離職・転居だそう。まあ、それは強烈すぎて、それはなかなか出来ない相談だ。

今日もメノ・セラピーの患者さんが来てカウンセリングして色々話した。

ゆとりがない。なにをするのもおっくうだ。でも食べ過ぎて肥った。

ここに来るのが精一杯。ここに来ると癒される。と言う。

鍼灸治療だけじゃなく、会話で色々吐き出すことも心のクリーニングになればいいな。

育児とお勤めと家事とでクタクタのお母さん。月1回ここに来るのが楽しみ。メンテナンスも兼ねて、心の洗濯だという。

ちょっと休憩。そんな感じできてもらえれば。それで良いと思うのです。

こちらから自律神経失調症治療ホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/mysite4/index.html

| | コメント (0)

人工的な空気

自然の中から生まれた生き物は、自然なままが一番良いと信じているのですが、人間だけは知恵があって自然を変えることで進化・文明化してきた(進化と言っていいのだろうか?)。

森を切り開き、治水し、農業を興し、畜産をし、養殖を始め(ここまでは良いかな)、ハウス栽培で旬が解らなくなり(おや?)、水道を完備し、今や飲み水は只でなく買う時代に(?!)。

夏は汗をかき、冬は寒さで震えていたものが、雨風を凌ぐ快適な住居を手に入れ、冷暖房完備。空気までも清浄機のフィルターを通しての時代。

外の空気は排気ガスとかで汚れていて、家の空気はフィルターを通して浄化され快適温度で提供される。都会では(最近は田舎まで)自然な空気に触れない時代なのです。

当院では患者さんは治療で場合によっては裸になるので、冬は寒くないように暖房を入れます。肌を出しているところには赤外線を当てて温めます。

夏はエアコンが苦手な方もいるのでなるべく自然な風をと窓を開けていますが、それでも蒸し暑い・じっとしていても汗が出るような暑い日にはエアコンを入れます。まあ、7月8月はずっと入ります。

治療室は3部屋あるので、お伺いして暑がりな方はエアコンの部屋、嫌いな方には入れない部屋と振り分けています。

それでも難しいところで、身体の為には自然なままが良いと思っていても、「あそこは暑くって入りたくないな~」となっては困る。人は心地良く快適な所を好みますからね。

だから、サービス業は何処もエアコンを掛けているでしょう。

でもね、働いている方もずっとエアコンの中にいると冷える・怠くなる・疲れるという症状になります。だから昼休みは家ではエアコンは掛けたくない。且つ、掃除とか調理とか身体を動かして少し汗をかきたい。そんな気分になります。

僕だって出来たら夏場は靴下なんか履きたくない。でも、そうは出来ないなぁ。マナー的に失礼な気がするもの。作務衣でも着ればいいのかな。

自然が一番と言っても自然は困る。難しい。暑さ対策は悩むのです。

| | コメント (0)

治療計画を立てる必要性

当院では治療を勧めるにあたり、【治療プログラム】を組んで、計画的に完治させてゆきます。

整形外科では、処置は痛み止めの飲み薬と湿布。

だいたい何処の整骨院・鍼灸院でも、毎回治療内容は同じ。

整骨院では患部に電気を当てて揉んで。鍼灸院では、腰が痛くても全身調節を主においているから腰よりも手脚のツボを使うことが多いかな。でもなんか、治った気がしない・・・

世にあるマッサージ・サロンはリラクゼーションが目的だから、そこに治療を目的に行ってはいけない。

ああ、何処に行けばちゃんと治るの???と、お悩みの方。当院にお越し下さい。

その症状を改善するのに計画を立て、つまりプログラムを組みますので毎回同じ治療ではありません。

基本的に

1「炎症を抑え」・・・痛み止めは感じなくしているだけ。麻酔を打てばお腹の手術だって出来るように痛みは感じないかも知れないけれど、患部の炎症を抑えないとね。

2「痛みを抑え」・・・痛みが辛くて皆さん来院されるわけだから痛みを抑えるのは必須。

3「強張った筋肉をほぐし」・・・ストレスがかかると筋肉は固くなります。肩こりもそうですよ。

4「圧迫を解除して循環を改善し」・・・中を通る神経・血管が圧迫されてガソリンが廻らなくなる。ガソリンが来なければすぐに疲れてしまう。それ以上に働けば組織が破壊されて痛みを産む。

5「歪みを矯正」・・・歪んでいると無理が利かない。つまり歪みのない器なら10リットル入る。10時間頑張れる。ところが歪んで傾いていたら6割しか入らない。すぐに溢れてしまう。無理が利かないわけです。何故歪んでいるかというと、筋肉の緊張で引っ張られて歪んでいるわけだから、筋肉をほぐして緩んだところで「歪みを矯正」してゆく。

6「再発防止のリハビリ」ストレッチや運動の仕方、身体の使い方やフォームの改善、リハビリ指導も行います。

この1~まで計画を立ててゆきます。

皆さん1・2のレベルのみで終わりにしてしまうから、「やってもらったときは良いんだけれど・・・」「薬が切れるとすぐにいたくなる」と言うんですね。

ここまでちゃんとやれば、ちゃんと治ります。

こちらからホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/

| | コメント (0)

心の風邪

本日は日曜日の為午前中のみ診療。

新患さんは2名。希望はお二人とも、メノ・セラピー。

メノ・セラピーは自律神経失調を治すメンタル・ヘルス・ケアです。

人間関係や過度な仕事、育児などで自分の時間が取れないなどのストレスがキッカケで自律神経が乱れてしまう方って、実は凄く多い。

だけど、何処に行ったらいいか判らない。精神科は怖いし。

と言う事でホームページを見て来て下さる方が多いのです。

自律神経失調症は特別ではなく、心が風邪をひいたようなモノで誰でも罹りやすいポピュラーなもの。病院に行くのは気が引ける。だけど何処に行ったらいいか判らない。大丈夫です。

お気軽に受診下さい。

こちらから自律神経失調症治療ホームページにジャンプできます。http://moka-harikyu.life.coocan.jp/mysite4/index.html

| | コメント (0)

より以前の記事一覧